クオリアートは美術展覧会、出版、アートグッズを通じてアートプロモーションを行います。

パリアートフェア

作品を売りたい!市場を開拓したい!
海外で実力を試してみたい!
芸術の都フランス・パリで活動したい!
そんなアーティストの皆様に、フランスで大人気のアートフェアをご案内いたします。

コンテンポラリーアート・グランドマーケットとは?

「コンテンポラリーアート・グランドマーケット(GRAND MARCHE d‘ART CONTEMPORAIN)」は、1994年よりフランス国内各地で毎年開催されているアートフェアです。プロ、アマを問わず、様々な芸術分野で活躍するアーティストに、幅広く多くの人達との出会いをもたらし、活躍できる場を提供したいという創設者の熱意によってこのアートフェアはスタートしました。現在ではフランス国内5会場で開催され、販売実績が高く、出展者にはリピーターも多いことから、1年前にはブースが完売してしまうほど好評で、毎年ヨーロッパ各国、アメリカ、アジアから多数のアーティストが出展しています。
長年の開催実績を誇る主催者が、テレビ、ラジオ、新聞などの取材班、ギャラリー、コレクター、ジャーナリスト、美術関係企業、公共文化施設などに向けて約8,000〜18,000部のパンフレットを配布し積極的に広報宣伝活動を行いますので、フランス全土での認知度が高く、集客力も抜群。また、入場料有料で開催されており、購買欲のある来場者が多く訪れることや、フランスでのデビュー、活動のチャンスに恵まれやすいことも大きな特長のひとつです。
アーティストの創作活動を発展させるために、「作品の売買による収益は100%アーティストに還元される」というのがこのアートフェアの魅力でもありますが、それとは別に多くの人との出会いや学びを通じ、創作活動の刺激を得るという手応えを実感していただけることでしょう。あなたもチャレンジしてみませんか?
■紹介サイト http://www.joel-garcia-organisation.fr/

アートフェア会場マップ

イメージ:アートフェア会場マップ

シャトゥ会場

パリ市内から郊外高速鉄道で15分。印象派が活動の拠点としたセーヌ河に浮かぶ島で開催されるアートフェア。富裕層が多く住むこの島では、アンティーク見本市なども開催され、人気が高い。

バルボンヌ会場

南仏の高級リゾート地カンヌから車で約30分。バカンスを楽しむヨーロッパ各国の富裕層で賑わうアートフェア。都市型のアートフェアとは違った美術愛好家のリピーターも多い。

デファンス会場

凱旋門からメトロで10分、未来都市を思わせる芸術的な高層ビルが立ち並ぶパリの副都心。EUの大手企業や大型ショッピングセンターが集まり、歩行者専用ゾーンの設けられているアクセスしやすい環境が、大型催事を一層盛り上げている。

バスティーユ会場

バスティーユ広場の運河岸で賑わう比較的大きなアートフェア。年に2回開催され、パリ市民のアート探しのメッカとして認知されている。

ベルシーヴィラージュ会場

パリの台所とも呼ばれるワイン倉庫街に、おしゃれなレストランやブティックが集まった再開発エリア。パリジャンにとっての憩いの場で開催されるこのアートフェアは、ゆっくりと鑑賞できることもあって、年々人気が高まっている。

アートフェア体験談

Tさん(イラストレーター)

2007年にバルボンヌ(南仏の高級リゾート地)のアートフェアに出展し、4日間で出品作22点のうち7点が売れたというTさん。眼の肥えたパリのおじさん、おばさんから笑顔で褒められたり…と素敵な出会いも経験。続いてバスティーユにて行われたアートフェアでは、さらに17点もの作品を販売することができたそうです。Tさんはこの経験をブログに次のように記しています。

このアートフェアは「絵を売る」という事だけに焦点を置いたちょっと殺伐とした展示会ではなくて、見る方も出す方ものんびりした気持ちで参加出来るイベントなんだという話も聞きました。私はその「殺伐としたアートフェア」を知りませんから比べる事は出来ないんですけど、妙に納得したもんです。絵を売る、名を売る、という事はそれは物凄く大事な事だと分かっているけれど、次の制作意欲へ繋がるのは本当はこんなイベントじゃないのかなぁと思います。
やっぱり制作活動の起爆剤はお金じゃなくてスピリッツだもんね。
(Tさんblog「日替わり(絵)日記2007年9月17日」より引用)

作品が売れるということはもちろん嬉しいことです。しかし、それ以上に自分の作品を通して多くの人達と繋がり、アートを通じて多くのことを感じ、学べるGRAND MARCHE d‘ART CONTEMPORAIN(コンテンポラリーアート・グランドマーケット)。

是非一度あなたも体験してみませんか?

クオリアートパリ支局が皆様のパリでの活動をサポートします。

クオリアートでは、フランス国内のアートフェアへの出展やパリでの個展開催のサポートなどを通じて、アーティストの皆様の様々な創作活動を現地にてプロデュースいたします。
歴史的建造物に囲まれ、珠玉の芸術作品が美術館や街並にあふれるフランス・パリには、優れた審美眼を持つ芸術愛好家が数多く住んでいます。海外を活動拠点とするアーティストが増える中で、本物の美術作品や文化にふれ、洗練された街の美しさ、そこに生きる人々を通じ、観光旅行では得られない、かけがえのない時間を経験してみませんか?
世界中の芸術家が住むパリのアパルトマンに滞在し「パリに暮らす」目線から、エスプリに満ちたアートを満喫できる生活体験をしてみたい。そんな方にも、渡航からアート留学、創作活動のお手伝い、快適で安全なパリでの滞在生活までトータルサポート。お気軽にお問い合わせください!

パリ支局 サービス内容

展覧会プロデュース&マネージメント
  • 展覧会場のリサーチと開催条件の交渉、会場の予約と確保
  • 展覧会の協力先開拓及び交渉と実施に必要な作業の補助
  • 展覧会の広報媒体の企画制作と広報宣伝活動
  • ギャラリー、アートフェア事務局との交渉全般
  • 作品の輸送計画と手配
  • 作品の搬入・搬出とブースの設営、展示作業
  • 展覧会会期中のバイリンガルアシスタントの派遣 など
パリでの滞在と創作活動のサポート
  • アパルトマンやホテルの手配と確保
  • アートスクールやアトリエ教室の情報収集、入学手続き、願書手配
  • 制作アシスタント派遣(素材の調達、トラブル解決)
  • 画材店などのショッピングのアテンド
  • スケッチ場所のリサーチとアテンド
  • 美術館、ギャラリーなどの観光アテンド、通訳派遣
  • 空港送迎、ホテルチェックイン付き添い
  • ミュージアムバスやメトロのチケットの手配と購入代行
  • 現地観光オプショナルツアーの予約代行
  • 郊外へのプチ旅行の専用車手配
  • フランス政府公認ガイド手配(美術館や歴史的建造物等で芸術作品に専門的な説明が必要な場合)
  • 帰国時の画材や作品などの宅配物・別送品の輸送手配
  • その他、滞在期間中の生活サポート など
3ヵ月以上、1年未満滞在される方には…
  • アパルトマン、アトリエなどの滞在先の手配、契約、解約手続き
  • 電気・ガス・電話・携帯電話・インターネットなどの契約・解約手続き、在留届け
  • 銀行口座の開設手続き
  • 医療機関紹介(日本語可能)
  • 警察・大使館・医療機関への同行
  • 滞在許可証申請、更新手続きの代行や付き添い通訳の手配 など

※滞在期間中は、日本語でサポートできるアシスタントが常駐していますので、いつでも気軽に安心してご利用いただけます。

※必要なサービスに合わせてお見積りをご提示させていただきます。

▲ページのトップに戻る