クオリアートは美術展覧会、出版、アートグッズを通じてアートプロモーションを行います。

事業実績

事業実績

出版

日本藝術の創跡

日本藝術の創跡

日本藝術の創跡とは?

毎刊異なったテーマを掲げ、様々な角度から偉大なる先人達が残した芸術を厳格に研鑽し、また現代に活躍する精鋭作家の秀作とその足跡を後世の日本美術界に残すことを目的とした美術画集。豊富な図版と第一線の美術評論家による解説も魅力のひとつであり、内容ともに重厚で貴重な一冊。全頁英文対訳付き、全世界60カ国同時発刊。

With a different theme for each edition, this collection of paintings aims at presenting a rigorous study, from a variety angles, of the artwork left us by the great pioneers of art. Additionally it attempts to leave to the Japanese art world of the future the talented work and legacy of the best contemporary artists. A precious volume of work, rich in illustrations and deep in content with analysis by leading art critics. Together with English translation on each page, this work was published simultaneously in 60 countries worldwide.


【参加執筆者】 植村鷹千代、石崎浩一郎、川口直宣、酒井忠康、中村渓男、林紀一郎、春名好重、三木多聞、米倉守  他(五十音順)

【収蔵先】 ルーブル、オルセー、メトロポリタン各美術館、大英博物館、ロンドンナショナルギャラリーなど、欧米諸国の主要美術館・博物館に永久収蔵。 
全世界60ケ国余の大公使館、宮内庁、国立国会図書館、国内外主要図書館、文部省、文化庁、有名画廊、東京大学付属図書館、全国主要大学並びに、東京・大阪のホテルニューオータニロイヤルスイートルーム、国際線航空機機内、他収蔵先多数。

【装丁】
◇A4版ワイド・上製本・函入り
◇本文484頁余(2001年版参考)
◇全英文対訳付
◇カラー図版400点以上、モノクロ図版 250点以上

『日本藝術の創跡』の軌跡をこちらからご覧になれます。

▲ページのトップに戻る