第25回 日本の美術
全国選抜作家展

その表現、光彩を放って未来へ

会期:2020年2月14日(金)~2月18日(火)
会場:上野の森美術館(東京都台東区上野公園1-2)
主催:日本の美術選展実行委員会
運営:株式会社 クオリアート

上野の森美術館を舞台に4半世紀の節目を迎える、
「第25回 日本の美術」展を開催!

2020年2月14日から2月18日の5日間にわたって、日本画、洋画、彫塑・陶工芸などジャンルの別なく、多岐に及ぶ計263点の作品を展示し、延べ5,000名を超える方々にご来場いただくことができました。

会場の様子
連日、多くのお客様が来場
作品をポストカードにして販売
1972年の開館以来、重要文化財の公開をはじめ様々なジャンルの美術作品を紹介してきた上野の森美術館。2019年には全国の美術展の入場者数ランキングで1位を記録したフェルメール展の開催など多くの方が来場する都内でも有数の美術館として知られています。
この上野の森美術館を舞台に4半世紀の節目を迎える「第25回 日本の美術 ~全国選抜作家展~」が開催されました。2月としては暖かい気候の中、連日多くのお客様で賑わい、5日間の会期中には延べ5000名を超える方々にご来場いただくことができました。
会場には日本画、洋画、彫塑・陶工芸など幅広いジャンルの作品を展示し、バラエティー豊かな分野からお招きした審査員の方々に全ての出展作品を審査していただきました。
また、本展は一般のご来場者の方々にはアンケートを通じて審査にご参加いただき、合計1560枚ものアンケートを通じて貴重なご意見の数々を集めることができました。
受賞者(敬称略)
【大賞】映水《登龍門》
【準大賞】友寄 万梨奈《feeling》
【部門賞 日本画】大久保 岱影《雪原の幻想》 
【部門賞 洋画】佐藤 史子《ものがたり》
【部門賞 彫塑・陶工芸】石川 秀隆《淵泉》
【桂由美賞】花田 朋美《Flower》
【勅使河原純賞】中島 茂夫《甲斐駒ヶ岳》
【山本豊津賞】福 紀心《線》
【柴山哲治賞】梶浦 明日香《『虎穴に入らずんば虎子を得ず』》
【アートのある暮らし協会賞】後藤 眞子《日陰をあげましょう》
【ミック・デイビス賞】棚橋 かう《黒い薔薇》
【マルセル・タイ賞】大川内 隆雅《Each Life, Each Future》
【K氏賞】畑 文江《Colorful Frames》

【人気アーティスト賞】教誓 由香子《Le favori de Dryade ~ドリアードのお気に入り》/田口 恵子《PASSION》/中田 恭子《愛》


【審査員特別賞】atelier Agapanthus 山崎 清子/江口 節子/髙智 美乃/佐伯 尚佳/塩澤 清子/島津 慶子/JL Tomoko Yamamoto/田代 和美/永田 洋子/野原 綾乃/長谷川 素子/古川 ふさみ/Yoshie


今展の受賞を記念した展覧会を以下の日程で行ないます。ぜひともお越しください。


■受賞作家の全作品を展示
第25回日本の美術 受賞作家展

※4月13日からの開催へ向けて鋭意準備を進めておりました「第25回日本の美術  受賞作家展」ですが、新型コロナウィルス感染拡大に伴い、
関係各所との協議の結果、開催を下記日程に延期させていただく事となりました。

2020年8月31日(月)~9月6日(日)※予定

会場(ギャラリー八重洲・東京)に関しては変更ございません。

本展の開催を待ち望んでいただいておりました皆様には大変申し訳ございませんが、ご理解とご協力を賜れますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■大賞作家の個展
「第25回 日本の美術」 大賞受賞記念 eisui 個展

※4月20日から開催を予定しておりました「第25回日本の美術」大賞受賞作家 eisui氏の個展を、新型コロナウィルス感染拡大に伴い、下記日程に延期させていただきます。
2021年2月8日(月)〜2月14日(日) ※予定

会場(ギャラリー八重洲・東京)は変更ございません。
何卒ご理解賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。