「ダ・ヴィンチとの邂逅」を開催いたします

会期:2020年10月18日(日)~10月21日(水)
時間:10:00-18:00 ※最終日は13:00まで
会場:クロ・リュセ城(フランス・アンボワーズ)

15世紀に創建されたクロ・リュセ城は、国王フランソワ1世が幼少期を過ごしたことで知られています。その格式高い城に国王によってイタリアから招聘され、終の住処としたのが老境のレオナルド・ダ・ヴィンチでした。

レオナルドが晩年まで《モナ・リザ》に筆を入れ、城内にはその模写(初期模写の説有り)が残されるなど、由緒正しきクロ・リュセ城は、2000年にロワール川流域一帯の城館と景観とともに「シュリー=シュル=ロワールとシャロンヌ間のロワール渓谷」としてユネスコの世界文化遺産に登録。現在、レオナルド・ダ・ヴィンチ・パークを展開して、レオナルドが構想した発明品が各所に展示されており、自然と文化を体験できる野外美術館となっています。

またレオナルドの没後500年にあたる2019年には、クロ・リュセ城敷地内の古い建物を利用して文化施設が誕生。新築された施設では、レオナルドの絵画や建築の構想を紹介し、様々な催しが実施されています。
このクロ・リュセ城を舞台に日本のアーティストの美術作品を展覧するとともに、フランス・ロワールの名産ワインに、出展アーティストの作品をラベルに配したオリジナル・ワインを作成し、ご紹介いたします。ぜひともご期待ください。